memo(´し_`)mon

移転しました。→http://yoshicage.jugem.jp/

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

author よしかげ|-│-
予告見た時からGANTZに似てる?と気になっていたので、GANTZ好きとしては
その確認・比較含めて今日の初日観に行ってきた。

警告※以下、結末に関する重要なネタバレも含んでおりますので、
これから観ようと思う方や結末が知りたくない方は観覧要注意



明日、地球が消滅する。
50年前のタイムカプセルにあった数列は、すべてを示していた。

9歳のケイレブは、50年前のタイムカプセルから同じ歳の少女が書いたメモを持ち帰る。
宇宙物理学教授の父ジョンは、メモに羅列する数列が過去に起きた大惨事の日付、
場所、犠牲者数を示していることに気付く。
数列が予知したこと――それは、地球の消滅だった。

これが簡単なあらすじ。


夏の大作みたいな宣伝で世界終了など衝撃的なあおり文句がついてる作品だが、
観終わった感想は「まあまあ」ってとこ。「普通」かな。
「地球が静止する日」に比べるとよく出来てる、程度。

予告にも使われてる飛行機落ちてくるシーンとか地下鉄のシーンとか、CGは確かに
ド肝抜かれる迫力で凄かったが、まだ他にもあるかな、と期待して行っただけに予告で
この2つの見たのだけのものだった。ちょっと肩透かし。
悲惨な現場の映像も変に情緒煽ったりするようなスロー映像にするより、ドキュメンタリー
っぽくスピード感ある方が良かったな。悲惨な現場もあんまり悲惨さが伝わらなかったし。
凄いんだけど、血の匂いがしない現場な感じ。
見せたいのはそこじゃないのか、凄かった割にさらっと流していった印象。
(いや、でもここだろうな、見せたいところ)

肝心なストーリー部分だけど、色んな要素詰め込みすぎたのか「サイン」(シャマラン)
っぽくなってみたり、サスペンスなのかホラーなのか、なんだか訳分からない気分のまま
強引に進めていく力技を感じた。
聖書の終末論なんか匂わせてみたり、匂わせるだけで伏線も何もないし、すべてが
唐突に展開される。
 ・数字の羅列の謎とも結局謎のまま。(アカシックレコードって意味?)
 ・黒い石はなんだった?
 ・数字が示す方向が助かる場所だ(発見)→宇宙人がわざわざにそこに連れてって
 くれましたけど・・・。
 ・選ばれる基準ていったい何?
 ・地球は宇宙人が創造したの?神さまは宇宙人でOK?
色々疑問はあれど、最後は地球終了というより人類消滅オチというBadEnd。
でもノアの方舟なのか新しい地へ選ばれた者は導かれるという救い的な部分はある。
なんか50年も前からこの惨事解っていたなら、何らかの対策しててくれよ宇宙人。
導いたのが地球の科学とかじゃなく、宇宙人かよ、とツッコミ入れたくなった。

所詮、預言を知っていた(Knowing)としても、人間にそれを止めることはできない
のだよ。という災害の前での人間の無力さを表現したかったのか。
ストーリーを楽しむというより、災害パニックシーンを観に行く(これは劇場の大スクリーン
で観た方がいい)、地球の終末の光景を観に行く、程度の気持ちで行った方がいいかも。
でないと、色々残念感は残る。

正直、これ行くくらいならヱヴァの破観に行けば良かったと後悔。
GANTZには似ても似つかないものだったことが理解できて良かったといえば良かった。
むしろ、これとGANTZをいっしょにすんなってことだ。
これよりも予告でやってた「G.I.ジョー」の方がGANTZっぽくて「ゲッ!」と思ったよ。
特殊スーツを身につけて世界舞台に壮絶バトルとか。オイオイ・・・って感じ。




人気ブログランキング

【関連リンク】
ノウイングHP
「ノウイング」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
ノウイング@映画生活
GANTZ wiki
author よしかげ|ドラマ・映画・試写会│-
<< good! アフタヌーン 5号 感想 | TOP | ヤングアニマル 14号 感想 >>
author よしかげ|-│-
| / |
RSS1.0ATOM0.3