memo(´し_`)mon

移転しました。→http://yoshicage.jugem.jp/

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

author よしかげ|-│-
2009年7月30日発売 週刊ヤングジャンプ 35号
154話 強悪ウイルス


以下ネタバレ含むので単行本派の人は要注意↓↓↓



今週は蘭子のターン。


レオからの伝言

銃も所持してるって・・・アレ?銃だったの?ケータイだと思っていた・・・。
梶の事嘘喰いの仲間って覚えていたか。やるな、レオ。
それにしてもカールが羽山邸に来た時、レオはどうしてた?カールとは会ってないのか?


想像がつく目的

蘭子も梶が天真の名前を出している→時間帯含めて普通の訪問ではない→裏関係で来た
→羽山が関わっている事件は奥多摩。天真と奥多摩事件含めて、0円ギャンブルの詳細も
知っていたという感じだ。


滑骨種美

またすごいのが出てきた。悪意ある人間の描写が本当にウマいなと思う。
登場から言動に至るまで生理的嫌悪を抱かせるすごさがある。
ケンタの骨舐めながら「ナメってんじゃねーのか」には噴いたが、この描写にも最後のコマに
繋がる線になる。本当は息子のしてしまったことの処理を蘭子に頼みたかったが、断られると
思ってと滑骨に頼んだと羽山父は言ったが、実は羽山息子は父が滑骨に頼むよりも前から
滑骨と繋がっていたことになる。
奥多摩事件以前にも似たような事を息子はしていて、その処理を滑骨にさせていたのだ。
あの箱に入った大量の耳が羽山息子の馬鹿さ加減を浮き彫りにしている。
後々羽山から骨の髄まで金を絞り取るための証拠を所持だ。
そうとは知らずにお気楽に生きてる羽山息子は、梶が来なくても早いか遅いかの差で
堕ちる運命だったということか。
この世で最も人畜有害強悪ウィルスなんか関わってしまってて親子揃って憐れなり。


妖怪人間大集合

前回の迷宮編は「ドキッ!超人だらけのびっくり人間大集合」だったけど、今回は
「ムギュッ!妖怪だらけのぶっ飛び人間大集合」ってところか。
まさかの手コキ対決。本当に潰されそうでビビった滑骨の負けで蘭子一勝。
レオが意外にも純情で驚き。長年側にいればこういう展開の一つや二つあったのではないか
とも思ったが、本当にまっとうに極道やってきたんだね蘭子。頬染めたレオに惚れる。
滑骨は好きだぜ、とか言ってみたり嫌いだとか言ってみたり、中学生かよってレベル。
蘭子とヤリたくてしょうがないんだけど、蘭子にはまったくその気がなくむしろ嫌われている
くらいなので犯そうにも返り討ちにあってしまい、手が出せないというところだろうか。
無類のH好きって感じがするから、もしかして奥多摩被害者の奥さんから検出された体液は
滑骨のものかも。


羽山父

普通の人だったようなのは意外。もっと腹黒くてドロドロしちゃってる濃いキャラかと
思いきや、バカ息子でも一生懸命守ろうとする普通の父親。


擬音

蘭子の乳掴む所が「ガニュン」で滑骨のアソコ握るところが「ガゴォ」に「ムンズ」だからね。
相変わらずすごい擬音だ。びびびんに匹敵するかも。



新キャラがまたすごいの投入でいよいよカオスの予感。
滑骨含めての大乱戦になりそうな気がするが果たしてどういう流れに持っていくのか。
なんとなくだけど滑骨の登場で蘭子は、梶側に味方してくそうなかすかな期待が出てきた。
滑骨のお付きのブタ(と呼ばれていた人)も侮ってはいけないような気がするし、羽山父も
このままガクガク状態では終わらず、いい所で男気見せてくれるような期待もしてしまう。




人気ブログランキング


【関連記事&リンク】
【貧乏人は貧乏人らしく】嘘喰い 堕落せし心 感想【汚くしてろ】
【引き分けの場合は】嘘喰い 仕組まれた勝利 感想【梶の負け】
【エクセレント】嘘喰い 弐拾號、参上!! 感想【マイフレンド】
【調子に】嘘喰い 戦う資格 感想【乗ってました】

嘘喰い 12 (ヤングジャンプコミックス)
author よしかげ|嘘喰い│-
<< 週刊ヤングジャンプ 35号 感想 | TOP | 週刊ヤングジャンプ 36・37号 合併号感想 >>
author よしかげ|-│-
| / |
RSS1.0ATOM0.3