memo(´し_`)mon

移転しました。→http://yoshicage.jugem.jp/

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

author よしかげ|-│-
2009年11月26日発売 週刊ヤングジャンプ 52号
170話 布石の光


以下ネタバレ含むので単行本派の人は要 注意↓↓↓





ケータイからのモスキート音

まさか百鬼夜行から張られていた伏線だったとは驚き。
あの時から詳細を明かさず伏線になるコマだけ抜き出しておく。
ううーん、エクセレント。
ちなみにモスキート音←試聴とdownloadできるトコ。


僕の実力じゃない

レオに「お前 やるな」っていう最高の褒め言葉をもらったにもかかわらず梶の表情は
無表情に近い(むしろ暗くて重い)。
もっと早くに気づいていればカールを救えたのに、という自分への腹立たしさやら
怒りやら負の感情で心はいっぱいなっている筈なのに、頭の中はどこか冷やかで
理路整然と対処している。溢れ出そうな色んな感情が、ぷっつりと切れてしまって
今は肝が据わった状態に見える。
梶はこの時「違う 僕の実力じゃない」とレオに返答しているが、そんなことはない。
そこに気づいたのも、今現在さらに羽山をハメるべく仕掛けているのも十分梶の実力だ。
梶戦の最大の魅力は展開の悲哀と梶の人間性の温かさにあると思う。
貘にそれがない、という意味ではなく貘には人智を超えた凄さがあるが、梶は一見すると
凡人だし危なっかしいし、まんまと罠に嵌められちゃったりするしで本当に「普通の人」だ。
それが突然「確変」(いわゆるキモ冴え状態になる)を起こすから面白いのだ。


羽山もピタリ分かる

最後の羽山のピタリは、実はそれすら梶が仕掛けた罠で答えてみたら大幅に誤差発生。
という展開だったらいいが、滑骨が出ていない(静かすぎる)のが気になる。
今度は滑骨が何か仕掛けていることも考えられるが、そうなるとまたややこしくなるから
そろそろスピンオフも終結してほしいな・・・。
貘やマルコが恋しい。


それにしても梶のカッコよさは異常。
数時間前にユッキーに負かされたあの梶と同一人物とは思えないくらい。





【関連記事&リンク】
【12月18日発売】なんと【嘘喰い】新刊は14巻と15巻同時発売!!
【ありがとう】嘘喰い 見えない証拠 感想【骨好きの骨人間さん】
【伽羅さんの】嘘喰い レーザーポインタ 感想【言う通りに】
【カールの悪運】嘘喰い 面子を立てろ! 感想【レオと伽羅】

@大人買い.jp @大人買い.jp
嘘喰い 1-13巻 全巻 連載中【新刊】@大人買い.jp @大人買い.jp
author よしかげ|嘘喰い│-
<< 覚悟を決めましたよ師匠 | TOP | 本命はシーザー >>
author よしかげ|-│-
| / |
RSS1.0ATOM0.3